映画のこととか趣味の話 KOJIFBLOG

成龍(ジャッキー・チェン)/新日本プロレス/キン肉マンなど趣味の話をします。

アナログ最強!の話

最近思ったこと。
「アナログ最強!」

なんじゃないかと言う話です。

<NFTとは何?デジタルアートの限界とは?>

いきなり難しい話をしますが、
NFTをご存知でしょうか。
NFTとはノンファンジブルトークンの略で、

ブロックチェーン技術を利用したトークンのことで、
1トークンに1つの価値が結びつき、
それはコピーも不可能でオンリーワン・唯一無二の存在になります。

最近はNFTを利用したデジタルアートなどが、
何億円で売れた、なんてニュースも多く、
ここ数年非常に注目を集めています。

例えば、NFTのワンピースのルフィの絵を買った場合、
唯一無二の一点ものとなります。

一点ものとして、資産として価値も出るかもしれません。

しかし、それはルフィの一点ものの絵を購入したことに過ぎず、
ルフィのライセンス自体は尾田栄一郎に存在します。

そのへんを勘違いしている人が多いと思います。

今は、NFTはデジタルアートの販売で注目を集め、
NFTのデジタルアートは1点ものかもしれません、
純粋なコピーは不可能かもしれませんが、個人的には、

スクリーンショットなり、仮にスクリーンショットが制限されていても、
それを別の端末で写真を取るなり、コピーから逃れることはできないのではないかと
思っています。

あと、デジタルアートである限り、どんな保存形態か解りませんが、
一般人が楽しむためには、解像度などの問題も発生します。

てな感じで、NFTの出現により、デジタルアートが注目されていますが、
逆にデジタルアートの限界も感じる今日この頃です。

また、別の話で、
自分もTwitterなどのSNSでイラストを発表することがありますが、
確かに多くのイイネをいただき、嬉しい気持ちになりますが、

SNSで発表する限り、大量の情報の波に
流されていきますよね。
イイネをくれた人も、明日には、いや1時間後には、
僕のイラストなんて、忘れているかもしれません。

それがデジタルの世界です。

<怪盗ロワイヤルとかドラコレって覚えてます?長く愛されるコンテンツとの違いとは?>

もう少しデジタルの話をしたいのですが、
少し前の時代のゲームの話をします。

皆さんは「怪盗ロワイヤル」や「ドラゴンコレクション」、「ドリランド」とかを
覚えていますでしょうか。

ひと昔前に、ソーシャルカードゲーム、略してソシャゲーと言われ、
一世を風靡したと思います。

私もゲーム業界にいたので解りますが、
ひと月で何十億円も稼いだ怪物コンテンツたちです。

GREEもモバゲーも、ああ懐かしいと思っても、これらのコンテンツを
今も継続して楽しんでいる人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

あんな怪物コンテンツをほとんどの人が忘れているわけです。

逆にですよ、
同じゲームでも、
ドラクエとかマリオとかポケモンとかは、ずっと人々から
愛され続けています。

何が違うのかな、と考えてみますと、
ポケモンであれば、
ポケモンゲームボーイで誕生したときから、
リアルな友達との交換や対戦が楽しかったし、

今だって、ポケモンGOであれば、
実際にリアルに歩く必要があるし、

ポケモンカードなら、これもリアルな友達と
遊ぶものですよね。

おそらくですが、長く愛されるコンテンツには、
「リアルな体験」の要素があるのではないかと思います。

リアルな体験とは、アナログなので、
コピーができないことを意味します。

<映像などのデジタルは勝てない、ライブで観たんだぜ!が最強!>

もう少しリアルな体験の話をします。

僕が子供の頃は、今のように映像コンテンツを
こんなに簡単に楽しむことは出来ませんでした。

僕は東京でも都会に住んでいたので、映画館で映画を観る機会も
多かったですが、それでも、映画館で映画を観る行為、
リアルな体験のことは、非常に覚えています。

僕は今も、20年前、30年前の映画を観ることがありますが、
それは、リアルな体験と一緒にセットになって、
楽しい思い出として、それらの映画を認識しているのかもしれません。

映画の話とは逸れますが、
僕はプロレスファンでもありまして、

プロレスファン同士の会話であるあるなのは、
「あれは名勝負だったな」と話になったときに、
「あれ、俺、会場にいたよ」と言うマウントが起こります。

映像で観る行為より<ライブで観たんだぜ!が
勝利する瞬間であります。

その臨場感、高揚感、ライブで体験することに
映像などのデジタルは勝てないのです。

去年流行った「鬼滅の刃」ですが、
10年後も、20年後も、その作品や映像を楽しむことは
出来るかもしれませんが、

コンビニ行ったらそこら中が鬼滅のコラボ商品で、
子供たちが鬼滅ごっこをやり、炭治郎のマスクをしているなんて、
このお祭り感は、去年しか体験することが出来ません。

<実はNFTと相性の良いものは?手元に絵があるって素敵やん!>

最初のNFTの話に戻りますと、
もしNFTと何かを紐付けるなら、

リアルな体験をNFTで証明できたら面白いではないかと思います。

NFTなので、それはコピーできない、唯一無二、
シリアルナンバー入りみたいなものです。

なので、それで、
「俺はあのライブの○○席にいたよ」「ほらな」
とNFTで証明するのです。

そんなものもあったら面白いし、
実はNFTと相性がいいのではないかと思います。

たまたま、自分は、自宅のパソコンが壊れ、
ここ2、3年は、手描きで絵を描くことが多いのですが、

手元に絵があるってことは、
とても素敵なことのように思います。

それと最初に述べたとおり、デジアルアートは
情報の波に飲み込まれ、コピーの呪縛から逃れることは難しいですが、

手元にあるアナログの絵をコピーすることは、
不可能です。

と言うわけで、

アナログこそ、最強だと思う今日この頃なのでした。

===========

追記。

あ、そうそう。

2021年9月、ヒカキンさんのYouTubeチャンネルの登録者数が、1000万人を突破したいみたいですが、

ヒカキンの動画を20年後、30年後、楽しむ人って、ほとんどいないと思います。

デジタルなものって、そうゆう事だと思います。

f:id:final_children:20210911015757j:image

マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』とカンフー映画の考察

自分のYouTubeチャンネル用に、準備した台本(事前メモ?)をこちらに記載します。
自分のYouTubeチャンネルはこちら→ りゅうパパチャンネル(https://youtube.com/channel/UC6uRBxdu5Sn5HXfXSmgcQBg)

=======

f:id:final_children:20210908195843j:plain

マーベルスタジオの映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、多くのカンフー映画からインスパイアされながら、それらの事が映画パンフレットには、書かれていないので、それらを解説したいと思います。

Q.原作シャン・チーが誕生した1973年とは、どんな年?

A.
1973年と言うのは、ブルース・リーの『燃えよドラゴン』が公開された年で、全世界でカンフー映画ブームが起きた年でした。
このパンフレットにも、カンフー映画ブームと書かれていますが、実際は、ブルース・リーブームですよね。

その証拠に、ブルース・リーは既に亡くなっていたので、過去作も公開され、ブルース・リー映画が枯渇すると、カンフー映画は衰退していきますよね。
勿論、ショーブラザーズの映画やブルース・リャンとか倉田保昭さんの映画とか素晴らしいカンフー映画は沢山あったと思いますが、それだけ、ブルース・リーが突出した天才であったと思います。

そんな、ブルース・リーブームが始まった年に、誕生したのがシャン・チーと言うことです。

次に、シャン・チーが再開した1998年、この年の話をします。
1998年がどんな年だったか?

その3年前、1995年にジャッキー・チェンの『レッド・ブロンクス』が全米でもスマッシュヒットし、1998年に『ラッシュアワー』が全米で大ヒットしました。

ジャッキー・チェンがアジアの大スターから、世界のスーパースターになったのが、1998年と言うことです。

その後、全米では、ジャッキー・チェンの過去作も公開され、ジャッキー・チェンのアニメ『ジャッキー・チェン アドベンチャー』まで放送されました。

てな感じで、シャン・チーの誕生と再開には、二人の龍(ブルース・リー=李少龍とジャッキー・チェン=成龍)が深く関わっていることが解ります。


Q.前半のバスでのアクションシーンについて

A.
バス内でのアクションは、大成龍祭のTwitterでもツイートされていたかもしれませんが、ジャッキー・チェン主演の「レッド・ブロンクス」のスーパーで暴走族を蹴散らすシーンにそっくりですよね。
上着で相手の攻撃を交わし、手すりの鉄の棒に相手が顔面を強打するのは、もうまんまですよね。

それと、バスの外で、バスにしがみつくシーンは、同じくジャッキー・チェンの「ポリス・ストーリー」へのオマージュなんじゃないかなと思いました。

Q.中盤の見せ場、工事現場の足場のようなところでの高所アクションについて

A.
竹の足場でのアクションは、ジャッキー・チェンの「プロジェクトA2」「ラッシュアワー2」でもやっていますよね。
特に、落ちそうになって、竹にしがみつき、それがすごくしなって、折れそうになるって、まんま、ラッシュアワーと同じで、思わずニヤリとしちゃいます。

Q.この映画のアクションコーディネーターは?

A.
この映画のアクションコーディネーターには、映画「ゴージャス」でジャッキー・チェンとも闘い、
成龍班だった、ブラッドリー・ジェームズ・アランが担当しているそうです。

Q.脇を固める共演者について

村のおじいちゃんとして出てきたのは、ユン・ワーという俳優さんです。
ジャッキー・チェンサモ・ハン・キンポーと同じ京劇学校出身で、苦楽を共にした盟友ですよね。
ジャッキー・チェンの映画で言えば「サイクロンZ」「ポリスストーリー3」でも共演しているし、香港映画界の重鎮として今もご活躍されています。

日本では「カンフーハッスル」とかが有名ですかね。

色んな説がありますが、「燃えよドラゴン」の中でブルース・リーサマーソルトキックをしますが、それのダブルをしたのがユン・ワーとも言われています。

だから、その「燃えよドラゴン」を見て、うわかっこいい!とシャン・チーというコミックが作られ、それが今度は実写化されて、それに出ているのが、燃えよドラゴンにダブルで出たユン・ワーだと思うと、何だか不思議な気持ちになります。

もう一人、村にいたシャン・チーの叔母ですが、あの方は、ミシェール・ヨーさんです。

ジャッキー・チェン作品で言えば「ポリスストーリー3」が有名で、凄すぎてジャッキー・チェンより目立っていたとも言われています。

「ポリスストーリー3」には、さっき紹介したユン・ワーも出ているので、この「シャン・チー」が面白かったよ、という人は、是非見てもらいたい作品です。オススメです。

ちなみに、「カンフーハッスル」と言えば、シャン・チーの部屋にもポスターが貼ってあったと思います(私の勘違いだったらごめんなさい)。

Q.まとめ

A.
というわけで、マーベル映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」には、カンフー映画オマージュがたくさん詰まっています。

ラッシュアワー」だってもう20年以上前の作品ですし、知らない人には、新鮮に映るだろうし、知っている人はニヤリとできる、そんな、どっちの人にもオススメできる映画です。

ちなみに、最後に少し辛口に評価しますが、途中までは、5点中5点、100点満点だったら120点あげたい映画ですが、個人的には、クライマックスはかなりファンタジー寄りで、昔ながらの頑固なカンフーマニアは評価が分かれるところだと思います。

というわけで、僕は5点中、4.5点としたいと思います。

偉そうに辛口評価、失礼しました。

テリーマンを語る

テリーマンを語ります。

 

Q.どんな超人?

1979年に少年ジャンプにて連載が開始された『キン肉マン』に登場するキャラクター・超人のひとり。

(※上記、三栄書房「完全保存版キン肉マン大解剖」から抜粋)

人気超人のロビンマスクウォーズマンラーメンマンよりも早い第1巻から登場した、主人公・キン肉マンのライバルであり、最高のパートナーでもある。

ザ・魔雲天やキング・ザ・100トンなどを撃破し、巨漢(ジャイアント)ハンターの異名を持つ。

 

Q.魅力は?

今、述べたように巨漢ハンターの異名を持ち、漫画の中では最も人間に近い姿でありながら、巨大な敵に立ち向かう姿は、毎回感動モノ。

また、上の必殺技の通り、技も現実のプロレス技であり、地味でありながら、その泥臭さがたまらない。

 

Q.最近の活躍は?

2011年から開始された「キン肉マン」復活シリーズ「完璧・無量大数軍」との戦いでは、真っ先(一番手)に完璧・無量大数軍のマックス・ラジアルに挑み、これまた地味なブレンバスターでマックス・ラジアルに勝利しました。

ちなみに、マックス・ラジアルも巨漢系ファイターであります。

 

Q.テリーマンの絵を描いてみた感想

シンプルなデザインだからこそ、ゆでたまご中井先生のようなかっこいいテリーマンを描くのは、難しいです。

眉毛もなく、顎もなんとなくぽっちゃりして、中井先生以外の模写じゃないテリーマンを描いたもので、かっこいいテリーマンをあまり見たことがないです。

おそらく、テリーマンの口とか、1970年代の少年漫画的表現で描かれ、それから逸れると別のものになってしまうのでは?!と分析しています。

とにかく、ゆでたまご中井先生のテリーマンが最高!ということです。

f:id:final_children:20210707224536j:plain